兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる大人の病気・症状 > 眼瞼下垂(がんけんかすい) 

よく見られる大人の病気・症状

眼瞼下垂(がんけんかすい)

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

(写真1)眼瞼下垂
(写真1)

まぶたが垂れ下がって上がりづらくなる状態を眼瞼下垂といいます(写真1)
眼瞼下垂の多くは、加齢やコンタクトレンズが原因の腱膜性と呼ばれるものですが、急に眼瞼下垂が起こったときには脳動脈瘤や重症筋無力症が原因のこともあり注意が必要です。
 

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂は、

  1. まぶたを支えている筋肉の働きが低下した筋原性、
  2. 動眼神経のまひなどによる神経原性(動眼神経はまぶたの動きなどを支配しています)、
  3. まぶたを支えている腱膜の伸展などによる腱膜性

の3つに大別されます。

眼瞼下垂の9割近くは腱膜性といわれ、加齢による場合は50歳過ぎからみられます。
コンタクトレンズが原因の場合は若い人でも起こることがあります。

眼瞼下垂では、まぶたが垂れるため見た目が悪くなるだけでなく、ひどい場合には瞳まで隠れるため、視野が狭くなり、下がったまぶたを上げようとするため目が疲れやすくなります。
腱膜性は徐々に進行しますが、急に起こってきた場合には動脈瘤の圧迫による動眼神経麻痺、あるいは重症筋無力症が原因の可能性もあります。
こうした症状に気がついたときは、眼科で診察を受ける必要があります。
 

眼瞼下垂の治療

動脈瘤や重症筋無力症など原因となる病気が分かれば、その治療が必要です。
腱膜性でも日常生活に支障を来すようなら手術が行われます。
上眼瞼挙筋短縮術といって、まぶたを支えている筋肉を縫い縮める手術が行われます。
専門的な手術なので、専門医を紹介してもらうと良いでしょう。

  目次にもどる  

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。