兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる大人の病気・症状 > 扁桃炎(急性) 

よく見られる大人の病気・症状

扁桃炎(急性)

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

(写真1)扁桃炎
(写真1)

(写真2)扁桃炎
(写真2)

(写真3)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
(写真3)

(写真4)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
(写真4)

(写真5)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
(写真5)

急性扁桃炎はかぜをきっかけとして起こり、ふつうは悪寒と高熱を伴います。
のどをみると扁桃腺が赤く腫れているだけでなく、扁桃腺の表面に白いうみが付着していることがあります
(写真1,2)。このような白いうみは細菌感染が原因で起こるため、扁桃腺は抗生物質による治療が有効です。

急性扁桃炎は小児や青年に多く、高齢者では扁桃腺が萎縮するためにほとんどありません。
扁桃炎は高熱が出てもふつうは3,4日で解熱します。しかし子どもの間で夏季に流行するプール熱では、扁桃炎とともに結膜炎を伴い5,6日高熱が続くことがあります。

おとなの扁桃炎、特に20〜30歳代の扁桃炎では、扁桃の周囲に炎症が広がっていくことがあり、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍と呼ばれます
(写真3,4,5)
この場合、のどがふさがるように腫れていくため、のどの奥のはれぼったい違和感や食べ物がのどを通りにくく感じます。

ひどくなると呼吸困難や窒息を起こすことがあり注意が必要です。
抗生物質による治療が不可欠ですが、のどの閉塞感が強いときにはタイミングを逃すことなく、早いうちに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

10歳代後半や20歳代の扁桃炎では原因が良くわからないままに7日から10日近く高熱が続くことがあります。始めはかぜによる扁桃炎として治療していても、いっこうに解熱しないときに疑います。このような扁桃炎ではかぜによる扁桃炎に比べて、首のリンパ節のはれが著しい印象がありますが、予測できないことも多いようです。
このような扁桃炎の中で、血液検査で肝臓機能障害やリンパ球の異常を伴う場合には、EBウィルス感染症(伝染性単核症)と診断されます。このような扁桃炎は時間がかかりますが、自然に治ります。

  目次にもどる  

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

もっと見る(目次へ)≫

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。