兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる大人の病気・症状 > 単純ヘルペス感染症 

よく見られる大人の病気・症状

単純ヘルペス感染症

スポンサーリンク

単純ヘルペスはふつうは小児期に感染した後、完全に体の外に排出されずに神経節などに潜伏しています。
普段は症状もなく経過していますが、日光に長時間さらされたときや発熱、疲労などの際に、抵抗力の低下に伴なってウィルスの勢いが増し、さまざまな部位に水疱を作っていきます。

 

もっとも一般的には口唇の周りに小さな水疱を形成するもので、「ねつのはな」として有名です(写真1)
口唇に単純にヘルペスが増えてくるとさまざまな水疱を形成してきます。
口唇に典型的な小水疱を形成してくるもの(写真2)
さらに小さく粟粒大の水疱を多数形成してくるもの(写真3)
さらに水疱形成ははっきりしないで口唇のあれのような形で発症する場合(写真4)などがあります。

 

舌にヘルペス感染症が発症すると、舌先の周辺部に小さな白いぶつぶつがいくつもできてきます(写真5)
また舌のうらに小さな口内炎を作るもの(写真6)
舌の周辺部に小さな口内炎をちくるもの(写真7)などいろいろあります。


 

ヘルペスによる口内炎はアフタ性口内炎(口内炎写真1)のように大きくはなく、小さな口内炎がいくつもできてくる特徴があります。
口の上の堅い骨の部分にヘルペスによる口内炎ができることもあります(写真8)
また、口唇やほほの粘膜全体、舌全体が小さな口内炎に覆われてくることもあります(写真9)
このように口唇や口の中にヘルペスが発症するとさまざまな水疱、口内炎を生じてきます。

 

ヘルペスによる水疱は鼻にできたり(写真10,11)
みみたぶにできることもあります(写真12)
アトピー性皮膚炎で皮膚の抵抗力が落ちているところに単純ヘルペスの感染がおきると特徴のある水疱がかたまってできてくるために、カポシー水痘様発疹症と呼ばれます(写真13)

 

単純ヘルペス感染症は放置しておくと治ってくる場合も多いのですが、口の中に水疱や口内炎が多発してくると痛みのために食事も摂りにくくなることがあります。
このようなときにはアシクロビル(別名ゾビラックス)よいう薬を内服や点滴で使用したり、軟骨を使って治療することっできます。

◎写真で見る「子どもの病気」:単純ヘルペス感染症のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。