兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > 草木かぶれ 

よく見られる子どもの病気・症状

草木かぶれ

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

草木かぶれ-写真01
(写真1)

草木かぶれ-写真02
(写真2)

草木かぶれ-写真03
(写真3)

草木かぶれ-写真04
(写真4)

蒸し暑くなる梅雨から夏場にかけていろいろな草木にかぶれて受診される方が多くなります。
草木の種類もあるかとも思われますが、むしろ蒸し暑さのために肌が敏感になってかぶれやすくなっていると推測されます。
草木にふれた部分を中心にまわりにも強い湿疹とかゆみを生じてきます(写真1、2)

このようなかぶれはからだのあちこちに広がる傾向があります。
手や腕の湿疹は気がつかずに草木に触れていたと思われますが(写真3、4)、衣服に隠れていたところにも同様の湿疹が現れることがあり、一種のアレルギー反応かと思われることもあります。一週間ぐらいすると治っていきます。

 

■写真で見る「子どもの病気」:草木かぶれ のページもご覧ください。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。