兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる子どもの病気・症状 > 水ぼうそう(水痘・水疱瘡) 

よく見られる子どもの病気・症状

水ぼうそう(水痘・水疱瘡)

画像をクリックすると拡大します

水ぼうそう(水痘・水疱瘡)-写真1
(写真1)

水ぼうそう(水痘・水疱瘡)-写真2
(写真2)


水ぼうそう(水痘・水疱瘡)-写真3
(写真3)

水ぼうそう(水痘・水疱瘡)-写真4
(写真4)

水ぼうそうは約2週間の潜伏期間のあと、水ほうができて気がつきます。
保育園などに通っていると流行があったり、水ぼうそうの友達と遊んだあとにかかったりするので、母親が初めから水ぼうそうを疑って連れてこられます。
しかし水ほうが少ないごく初期には、一目で水ぼうそうと分かる場合と、1、2日たたないと診断がむつかしい場合があります。

典型的にはやわらかい袋に水が充満し、真ん中にへそのような小さな黒い点が見つかることもあります(写真1)
しかし水ほうが小さいと虫さされなどの水ほうと迷うことがあります。
このような場合でも1、2日たつと急に水ほうが増えていきます(写真2、3)
水ほうは口の中や頭の中、まぶたなどにも出ることもありますが、こすれやすい股にとくにかたまって出ることがあります。

熱は出ないこともあれば、高熱が出ることもありますが、3日前後で熱は下がります。
ふつう5日から7日たつと黒いかさぶたを作って治っていきます(写真4)
すべての水ほうがかさぶたになるまで感染力があるので、登園はできません。
黒いかさぶたを無理に取ると痕が残りやすいので、自然に取れるまで放っておきましょう。

 

写真で見る「子どもの病気」:水ぼうそう(水痘・水疱瘡)のページもご覧下さい。

  目次にもどる  


Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。