兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > 水いぼ(伝染性軟属腫) 

よく見られる子どもの病気・症状

水いぼ(伝染性軟属腫)

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

水いぼ-写真1
(写真1)

水いぼ-写真2
(写真2)

水いぼ-写真3
(写真3)

水いぼは夏場に水遊びなどを通して子どもの間でうつりやすい皮膚のウイルス感染症です。
粟粒大の小さないぼが少しずつ大きくなります。 
気がついたときにはすでに引っかいてつぶしていることが多く、周りにいくつかの大小のいぼができていることが多いようです。

数が少ないうちは専用のピンセットでいぼの中の白いカスをつまみ出すと治ります(写真1)
この治療法は痛みを伴い子どもに恐怖心を与える上に、すでにつぶれて周りに小さいいぼができていると、残ったいぼが再び大きくなってきます(写真2)
すでにあちこちに広がって手がつけられないこともあります(写真3)

このようにあちこち広がっていると、残ったみずいぼが大きくなりせっかく痛い思いをして取っても無駄になることがあります。
つぶれたり、広がっているときには、放っておくのもやむを得ないと思います(私見)。
ウイルスに対して抵抗力(抗体)がつくと自然に治ります。

写真で見る「子どもの病気」:水いぼ(伝染性軟属腫)のページもご覧下さい。(硝酸銀ペースト法について説明しています。)

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。