兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる子どもの病気・症状 > 溶連菌感染症 

よく見られる子どもの病気・症状

溶連菌感染症

スポンサーリンク

溶連菌感染症は幼児や低学年の学童に多く、子どもの間で感染しやすいために流行を起こすことがあります。

発熱とのどの痛みで受診されますが、のどをみると扁桃やのどの奥が真っ赤でときに点々と出血班を生じることがあります。このようなのどの変化だけでは溶連菌感染症とすぐに診断するのは困難ですが、手足に小さな赤い斑点を伴っていれば溶連菌感染症の疑いが強くなります(写真1、2)
赤い斑点は手足だけでなく、胸やおなかにもできることもあります(写真3)
3、4日たつと舌がちょうどイチゴのように赤くぶつぶつしてくることがあり、イチゴ舌と呼ばれます(写真4)
溶連菌感染症と診断され、抗生剤を内服すると1,2日のうちに解熱しますが、数日すると手のひらが赤くなったり、指先の皮がむけてきたりすることもあります(写真5)

熱やのどの痛みを起こさないで、顔やからだにいろいろな湿疹を生じて受診され、経過をみたり検査をして溶連菌感染症と診断されたり、溶連菌感染症が強く疑われる子どもがいます(写真6、7、8)
また、おとなでも溶連菌感染症と思われる手の変化を起こすことがありました(写真9)
このように溶連菌感染症にはいろいろな種類があり、さまざまな湿疹をからだのあちこちに生じる可能性があります。

 

写真で見る「子どもの病気」:溶連菌感染症のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。