兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ写真で見る「子どもの病気」 > 乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真1)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真2)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真3)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真4)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真5)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真6)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真7)

乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎
(写真8)

乳児湿疹

(写真1〜5)乳児湿疹は、紅斑(赤くなる)から丘疹、小水ほう、膿ほう(うみのような水ほう)、うろこ状のかさぶたの形成など、さまざまな皮膚の変化を起こす特徴があります。
じくじくと湿った感じがあり、頬から始まることが多く顔面や額に広がります。
ときにはからだや手足にも広がります。

かゆみがあるため、手をもってゆき傷をつくりやすく、びらんや感染を起こすことがあります。
生後2〜3ヶ月から2歳頃まで続くことがあり、これをアトピー性皮膚炎の乳児期のものと考える人もいます。

 

乳児脂漏性(しろうせい)皮膚炎

(写真6、7)乳児脂漏性皮膚炎は、生後1〜4ヶ月頃にでやすく、頭部とくに前頭部から頭頂部に黄色がかったうろこ状の皮膚炎が生じます。
やや乾いた感じでしだいに拡大しやすくなります。
額やまゆげ、鼻にもできやすくなります。
かゆみは乳児湿疹のように強くありません。

新生児では皮脂腺の働きが活発で、皮脂の分泌が多く脂漏性(しろうせい)を示します。
これは生後4ヶ月くらいになると減少してきます。
かさぶた様の皮膚のかすをワセリンなどをやや厚く塗り、柔らかくしてからオリーブ油でしめらせて、入浴で洗い流します。
石けんの使用も有用です。
安易にステロイド軟膏をぬらないことが大切です。

成人でも脂漏性皮膚炎はしばしばみられますが、乳児期に比べて難治性で治療に困ることがあります(写真8)

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

もっと見る(目次へ)≫

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。