兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ写真で見る「子どもの病気」 > 単純ヘルペス感染症〈1〉(顔のヘルペス) 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

単純ヘルペス感染症〈1〉(顔のヘルペス)

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

単純ヘルペス感染症-写真01
(写真1)

単純ヘルペス感染症-写真02
(写真2)

単純ヘルペス感染症-写真03
(写真3)

単純ヘルペス感染症-写真04
(写真4)

単純ヘルペス感染症-写真05
(写真5)

単純ヘルペス感染症-写真06
(写真6)

単純ヘルペス感染症-写真07
(写真7)

単純ヘルペス感染症-写真08
(写真8)

単純ヘルペス感染症-写真09
(写真9)

単純ヘルペス感染症-写真10
(写真10)

単純ヘルペス感染症-写真11
(写真11)

単純ヘルペス感染症とは

単純ヘルペス感染症は1型と2型があります。
1型は主として口腔内から分離され、主として顔、口唇、眼、皮膚部に発病します。
2型は性器より分離され、主として外陰部や尿道に病変を起こします。
ヘルペスウィルスには水痘(水ぼうそう)を起こす帯状ヘルペスウィルスと単純ヘルペスウィルスの2種類が存在しますが、単純ヘルペスウィルス感染症の方が日常では一般的です。

乳幼児期にヘルペスウィルスに初感染を起こすと抗体は上昇し、一生持続します。
しかし抗体ができてもウィルスは体外に排出されず、ウィルスと抗体が平和的な共存をするのが特徴です。
疲労や日光、発熱、ステロイド投与などによりからだの抵抗力(免疫力)が低下すると、ウィルスが活性化され症状を起こしてきます。

ここでは日常一般的な皮膚症状についてやや詳しく紹介します。

 

顔のヘルペス

顔にはしばしば単純ヘルペスによる小水ほうが出現します。
写真1から4は眼の周囲にできた水ほうです。
角膜ヘルペスという眼科的に重要な病気がありますが、眼の周囲の水ほうが破れて角膜につくと直ちに角膜ヘルペスを起こすというわけではありません。
何らかの原因により角膜のヘルペスウィルスに対する免疫力が低下すると角膜ヘルペスを発症し、結膜の充血、角膜の痛み、涙、目やになどの症状が出てきます。

耳介にも単純ヘルペスによる水ほうはよくみられます(写真5、6)
また顔の皮膚のどこにでも単純ヘルペスは出現します。
単純ヘルペスと帯状ヘルペスウィルスによる水ほうの違いは、単純ヘルペスは顔の左右にまたがって出現する点です(写真7、8)
帯状ヘルペスは左右どちらか一方にしか現れません(写真9)

 
■カポシー水痘様発疹症

湿疹またはアトピー性皮膚炎などに単純ヘルペスウィルスが感染すると、小さな水ほうが無数に出現しやすく、重篤な印象を与えます。
これは皮膚局面の免疫力がアトピー性皮膚炎などでは低下しやすいためと考えられます(写真10、11)
顔や頚部、上半身が好発部位です。

単純ヘルペス感染症〈2〉(口唇ヘルペス、頬部、舌、からだ、手足のヘルペス)へ⇒

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

もっと見る(目次へ)≫

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。