兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

おすすめトピックス

関節痛・筋肉痛と内科の病気

内科の日常診療でよくみられる『 関節痛・筋肉痛 』の症状について、診察室の短い時間内で、(絶対とは言えないまでもほぼ)正しい結論にいたることのできる、知識と経験に基づいた手法を述べたいと思います。

A、首筋付近から腰(頸椎から腰椎)にかけて脊柱に沿った痛み
I、強直性関節炎(きょうちょくせいかんせつえん)

I、強直性関節炎(きょうちょくせいかんせつえん)強直性脊椎炎は、とくに背骨および骨盤を中心に全身の腱や靱帯に原因不明の炎症が起こり、長い年月の中で「強直」して運動制限が生じる病気です。

欧米では10万人当たり100〜200人程度の患者さんがいると言われていますが、日本では少なく、10万人当たり6〜40人程度と考えられています。この病気は若い男性に多く(男女比8:1程度)、9割の患者さんは40歳までに発症します。

続きはこちら≫

町医者の診療メモ

めまい:脳からみためまいを中心にめまい:脳からみためまいを中心に

患者が「めまい」といって訪れてさたら、どういうアプローチをしたらいいのでしょうか?耳鼻科からのアプローチとかいろいろありますが、ここでは主に脳神経の疾患を中心に、内科的な疾患や、耳鼻科的な疾患を含めながらに述べることにします。 もっと見る≫

目からうろこ?知って役立つ家庭の医学

発熱の4日ルール発熱の4日ルール

発熱の4日のルールは…かぜがこじれて起こる肺炎を見逃さないためのルール
1)かぜによる熱はふつう3〜4日で解熱するので、4日以上熱が続くときには肺炎や他の病気が原因ではないかと疑い始めます もっと見る≫

よく見られる病気・症状(子ども)

子どもの発疹子どもの発疹

子どもは大人と異なりさまざまな発疹を生じてきます。子どもの発疹は、おもにウィルスや細菌による感染症が原因で起こってきますが、原因が分かりにくいものもあります。もっと見る≫

写真で見る子どもの病気

はしか(麻疹)はしか(麻疹)

はしかは、子どもでも大人でも大病です!予防接種を受けていない1歳前後の赤ちゃんが多くかかりますが、予防接種を受けていないと30歳くらいまでには必ずといってよいほど感染します。 最近は予防接種を受けていても、免疫力の弱くなる大学生の間の流行が問題になっています。もっと見る≫

急病センター受診の前に…パズルで診断子どもの病気

子どもの熱子どもの熱 / 子どもの急病

子どもの起こりやすい症状や急病について、パズル形式で症状から診断に導くようにしてみました。診断する≫

よく見られる病気・症状(大人)

どうき(動悸)どうき(動悸)

私たちの心臓は平均して、一日10万回くらい拍動を繰り返しています。一日を通して心電図を記録してみると、健康人でも気がつかない間に、脈の乱れ(不整脈)を起こしていることは珍しくありません。もっと見る≫

誰でも分かる!簡単な心電図の読み方

6.心筋梗塞の心電図変化6.心筋梗塞の心電図変化

心筋梗塞の発作は時間とともに特徴的な心電図変化を起こします。心電図変化を知っておくことは心筋梗塞の診断と発症してからの時間経過を知ることができるため重要です。 もっと見る≫

心房細動について

3.心房細動の治療上の問題点4.慢性心房細動と一過性心房細動

ふだんの心電図では正常の洞調律を示すにもかかわらず、急に短時間から数時間、長いときには半日から一日くらい心房細動を示すことがあります。このような心房細動は一過性心房細動と呼ばれます。 もっと見る≫

わかりやすい動脈硬化

4.プラークの性状4.プラークの性状

血管内膜の動脈硬化による部分的な肥厚をプラークといいます。このプラークが不安定狭心症や急性心筋梗塞の発症に大きく関与していることが明らかになって きました。冠動脈内のプラークが破綻(ラプチャー)すると・・・  もっと見る≫

治療抵抗性高血圧

5.診察室でもっとも多い「なかなか下がらない高血圧」5.診察室でもっとも多い「なかなか下がらない高血圧」

血圧が家庭で気軽に測定できるようになったのは、血圧を良い状態にコントロールするために有用な反面、自宅で血圧が急に上昇し慌てて診察室に飛び込んで来る患者は少なくありません。 もっと見る≫

パズルで分かる不整脈

不整脈と心臓病不整脈と心臓病

ふだんは気にならない心臓の鼓動が気になるようになった場合、どうき(不整脈)と呼びます。 診断する≫

健康いろいろQ&A

健康いろいろQ&Aかぜ / 予防接種 / 海外旅行者の予防接種

かぜや予防接種などの一般的な話題について、皆様からよく聞かれる質問や疑問について、Q&A 方式にまとめてみました。とくに予防接種のQ&A は実用的と思われます。 

血液検査で分かること

糖尿病の検査糖尿病診断のための検査

糖尿病は2つのタイプに分けられます。若い年齢で発病し、インスリン注射を初めから必要とする糖尿病がその一つです。しかし多くの場合は、中高年になってから糖尿病を起こしやすい体質に、肥満や高血圧・運動不足などが加わって起こってきます。 もっと見る≫

ニュートピックス

関節痛・筋肉痛と内科の病気

痛みの部位から病気を探す:肩から手の痛み

B-Z、化膿性関節炎図から、あなたの身体の痛むところをクリックしてください。関節痛・筋肉痛を生じる部位から、考えられる内科の病気を探せます。

よく見られる病気・症状(大人)

歩くと足の裏に激痛:モートン病

歩くと足の裏に激痛:モートン病歩くたびに、足裏に強い痛みが走るモートン病は、くぎを刺されたようだ、頭にズキンと響く、などと表現されるほどつらい痛みです。とくに足を後に蹴り上げたり、足先に体重がかかったりした時に痛みが強く、足の指先にしびれが出ることもあります。

更新履歴≫

感染症 姫路ローカル情報

(9月10日)デング熱の患者さんが本院でも来られました。40歳代の男性の方ですが、インドに出張し帰国されてから、発熱と発疹が出てきました。渡航歴からデング熱感染が始めから疑われ、専門病院の抗体検査により診断が確定しました。ご本人は現地で蚊に刺された記憶はありませんでした。

今、世界各地でデング熱が大流行しています。台湾でも昨年一年で4万人以上が感染したそうです。ハワイでも昨年後半から流行が始まり、「非常事態宣言」が出たそうです。フィリピンでも爆発的に流行しています。「現地で蚊の対策はしていましたか」と尋ねてみると、ほとんどの人は、サンスクリーン(日焼け止め)は使用していても、蚊忌避剤(DEET)やイカリジンなどの蚊よけ製品は使用しなかった、と答えます。よくある誤解が「蚊対策は夜だけでいい」というもの。夜だけ活動するのはマラリアを媒介するハマダラカであり、デング熱を媒介するネッタイシマカは日中に人を刺します。ハマダラカがきれいな水を好むのに対し、ネッタイシマカは水があればどこにでも、ビーチサイドや公園、都心の大通りにもいます。つまり香港・台湾を含む亜熱帯・熱帯地方を訪れる際は、昼夜問わずどこでも蚊対策をしなければならず、ビーチやプールサイドで水着になってサンスクリーンしか使わないのはいわば「自殺行為」なのです。

みやけ内科からお知らせ

ホームページに関するお問い合わせには、個人情報などの問題が関係するため電話ではお答えできません。

町医者の「家庭の医学」は健康に関する情報の発信をおもな目的としており、本院で診療を受けていただくことを目的にしているものではありません。せっかくご来院いただいてもご期待に沿えないことが多いと思います。皆様の健康状態を一番よく理解されておられるのは、今まで診てもらっている病院や診療所の主治医ではないかと思います。この点についてよろしくご了解をお願いします。

みやけ内科☆院内外写真

みやけ内科院内外写真
8月の花壇☆ハイビスカスが元気いっぱい咲いています^^

みやけ内科院内写真
夏の院内ディスプレイ☆涼しげな空間です^^


Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。