兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

目からうろこ 知って役立つ「家庭の医学」 > 熱中症と塩分補給 

目からうろこ 知って役立つ「家庭の医学」

熱中症と塩分補給

梅雨の時期になると毎年、ニュースなどでこまめに水分を飲むようにと注意が流れます。よく聞いていると、水分は飲むように言われるのですが、塩分については言われたり言われなかったりさまざまです。いったい塩分の取り方はどうしたら良いのでしょうか?

結論から先に言うと、日常の生活では熱中症の予防のために特別に余分な塩分を取る必要はなく、水分をこまめに飲んでおくと良いというのが一般的です。このときスポーツ飲料や塩飴などをうまく利用すると、いっそう予防効果が上がります。

しかし、多量の汗が出る炎天下や高温下での長時間の作業、クラブ活動など激しいスポーツをするときには、水分とともに十分な塩分を補給することが大切です。その理由について述べることにします。

水分補給だけでよいと考えられる場合

塩分摂取量と汗中の塩分排泄量

あるデータを紹介します。これは、熱い環境の中で仕事をすることに慣れている男子が一日の塩分摂取量を急に減らしていった時、尿と汗への塩分排出量の変化を表したものです。

一日に20g、11g、6gと塩分摂取量を減らしていった時、塩分摂取量に関係なく汗と尿に2〜3日のうちにすべての塩分が排出されたという結果です。さらに塩分摂取量の変化とともに、汗中の塩分濃度も当然のことながら少なくなっていきました。

この実験は6gで終了していますが、さらに塩分摂取量を減らしていくと、どこまで減らせるのかという興味がわいてきます。

一説によれば、人間が最低限必要とする塩分量は一日に0.5〜1.0gぐらいであろうと考えられています。それ以上の塩分は、いくら取ってもすべて汗と尿に排泄されるというわけです。

したがって、汗をかいて損失した塩分を補給しなくても、腎臓や汗腺の塩分保持機能が働き汗や尿に排泄される塩分濃度が薄くなり、最終的には摂取量と排泄量のバランスがとれるので、特別に塩分を補給する必要はないだろうということになります。

参考:
http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt6/salt6-88-09.html

高齢者の場合

高齢者の場合を考えてみましょう。高齢者は寒さにはたいへん弱いのですが、暑さには鈍感と言われます。夏の暑い室内で、エアコンをかけずに過ごしても平気です。体内からの水分喪失には汗や尿への有感蒸泄と口呼吸や皮膚呼吸による不感蒸泄の二種類あります。年齢とともに発汗量は少なくなっていきますが、不感蒸泄は室温の上昇を受けて大きく変化します。

体重あたりの不感蒸泄量は15cc/kg(28度)なので、60kgの場合不感蒸泄量は900ccとなります。30度を超えると、室温が1度上昇すると不感蒸泄は15〜20%増加します。もし室温が33度上昇すると不感蒸泄量は約1.5倍になることが分かります。35度になると約2倍になります。熱中症予防に水分補給がいかに大切か分かります。

しかし、不感蒸泄として失われる水分中には塩分は含まれないので、不感蒸泄では塩分喪失は起こりません。高齢者では発汗量はそれほど多くないので、特別に余分な塩分を取る必要はないわけです。

意識して塩分補給をした方がよい場合

仕事によっては大量の汗をかくことがあります。大工さんで真夏に一日中外の仕事をした後、夜になると手足を少し動かすだけでもこむら返りを何回も起こすようになることがあります。典型的な熱けいれんで多量の汗とともに塩分を失い、適切に塩分が補給できないときに起こります。どんなスポーツでも夏には大量の汗が出ます。それとともに大量の塩分を失います。

汗にはいい汗と悪い汗があると言われます。いい汗は水分が多く塩分が少ない汗、悪い汗は塩分が多い汗とされますが、同じ人でも体調により汗の塩分濃度は異なるわけです。また体調によっても、気候条件によっても発汗量は異なります。したがって汗によって失われる塩分量は、同一の人でも条件によって大きく異なります。

夏期に激しいスポーツをするときの塩分摂取

アメリカのプロフットボール選手の練習データによると、同じ体重の選手でも発汗量は個人差が大きいことが分かりました。発汗量と塩分の損失量の例として、最大で76.71gの塩分を損失した選手がいて、これを平均的なスポーツ飲料(0.1〜0.2%の塩分濃度)で補うとすると65L必要でそれによって3.8kgの砂糖を摂取することになること、したがって補給には塩錠剤が必要になることが分かりました。練習中には水分はやや抑え気味に摂取して、過剰な水分摂取による低ナトリウム血症を予防していることも明らかになりました。そして運動量に応じた塩分補給が必要なこと、その量には個人差が大きいことも明らかになりました。

参考:
http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt6/salt6-12-07.html

夏期の激しいスポーツ中に塩分摂取をしないで多量の水分摂取をすると、低ナトリウム血症を引き起こしてよりいっそう熱けいれんや熱疲労などの熱中症を起こしやすくなります。

熱中症予防の塩分の役割

発汗量には個人差が大きいこと、また体調や気候条件によって発汗量は異なります。いい汗と悪い汗があるように、同じ人でも体調によって汗の塩分濃度は異なります。したがって塩分の取り方について、一律のルールを作るのは困難です。

ではどうしたらよいのでしょうか? そこで始めのグラフに戻って考えましょう。このグラフは塩分摂取量にかかわらず、同量の塩分が2〜3日で排泄されることを示しています。多量の汗の出る職業やスポーツ選手では、夏は多めの塩分を取っても、必要な分だけ体内に取り込まれ残りは排泄されるため、過剰摂取にはならないことが分かります。塩分の取り方は様々で、塩飴でもよいしお茶に食塩を入れて塩水として飲んでも良いでしょう。余分な塩分は体内の自動調節機能により2〜3日で排泄されるので、量は多めがよいでしょう。それとは別にしっかりと水分を飲むことが大切です。

多量の汗をかかない日常生活では、意識して塩分補給をする必要はありません。しかし汗をよくかくときには、スポーツ飲料を飲むこと、梅干しや塩飴を口にする方がよいことを経験的に知っています。この経験を大切にする必要があります。また、夏の時期だけ塩の味付けを濃くすると、塩分の補給になるだけでなく、食欲の落ちる夏においしく食べることができます。

■塩分制限の必要な人は主治医の指示を守って、塩分は控えましょう。

目からうろこ 知って役立つ「家庭の医学」:目次へ


関連コンテンツ

目からうろこ
知って役立つ「家庭の医学」