兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ心臓・血管の話 > 心房細動について 

心臓・血管の話

心房細動について

スポンサーリンク

心房細動は最も頻度の高い不整脈の一つです。心房細動では、心臓が不規則に収縮をくり返すため、脈拍の間隔がバラバラになります。高齢者で治療を要する不整脈の中で最もよく見られるものです。加齢とともに増加し、70歳台で5〜6%、80歳台で8〜10%の頻度で心房細動が見つかると言われてます。欧米の調査では生涯を通して4人に1人がこの不整脈にかかるといわれています。
前項「簡単な心電図の読み方」では、心臓の働きと心電図の関係をやや詳しく、分かりやすく説明しました。この項では、心房細動について詳しく、分かりやすく解説していきましょう。

心房細動について:目 次

心房細動について

  1. 心房細動の心電図
  2. 心房細動と心拍数
  3. 心房細動の治療上の問題点
  4. 慢性心房細動と一過性心房細動
  5. 心房細動の原因
  6. 心房細動と血栓塞栓症
  7. ワーファリンによる血栓塞栓症の予防
  8. レートコントロールか?リズムコントロールか?
  目次にもどる  

関連コンテンツ

町医者の家庭の医学:目次

町医者の診療メモ

子どもの医学

大人の医学

心臓・血管の話

健康いろいろQ&A

血液検査で分かること

アメリカの一人旅

みやけ内科・循環器科 医院の案内はこちら≫

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。