兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、町医者の診療メモなど話題いっぱいのホームページです。

心臓・血管の話心電図の簡単な読み方 > 2.心電図の波形のでき方 

誰でも分かる「心電図の簡単な読み方」

2.心電図の波形のでき方

さて次に実際の心電図に眼を向けましょう。

心電図の波形は電極を付けた部位によって異なりますが、基本形はイラストに示すように3つの波からできています。(イラスト1)

心電図の波形
イラスト1心電図の波形のでき方

初めに小さなドーム状の波-これを「P波」といいます-があります。次にとがった背の高い波-これを「R波」といいます-があります。次にやや大きなドーム状の波-これを「T波」といいます-があります。心電図の波形はこの3つの波の繰り返しからできています。

もう少し詳しくみると、R波の前後には小さな下向きの波「Q波」と「S波」があります。前後のQ波、S波を合わせてR波を「QRS波」ということがあります。Q波とS波は12誘導心電図では見えやすい誘導と見えにくい誘導があります。

心臓が収縮・弛緩をくり返すのは、次に述べるように電気的にからをくり返しているからです。

  1. 洞結節にスイッチが入り
  2. 電流が心房を流れて、房室結節に入り
  3. 心室内の電線(左脚と右脚)に電流が流れると、心臓が収縮する(脱分極)
  4. 電流の流れが一時的に途絶えると、心臓が弛緩する(再分極)

このようにからと電気の流れが変化するにつれて、P波・QRS波・T波ができます。
すなわち、

  1. 洞結節にスイッチが入る→P波
  2. 電流が心房から房室結節に流れる→P波の始まりからQ波の始まりまで(PQ時間
  3. 心室に電気が流れて心臓が収縮する→QRS波
  4. 心臓が弛緩する→T波

という関係があります。これを知っているだけでほとんどの心電図を読むことができます。

>>次ページから、実際の心電図の読み方について解説します。

心電図の簡単な読み方:目次へ


関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

心臓・血管の話

治療抵抗性高血圧

■誰でも分かる「心電図の簡単な読み方」

  1. 心臓の収縮・弛緩と電気の流れ
  2. 心電図の波形のでき方
  3. 心電図の読み方
  4. 心肥大(左室肥大)の心電図変化
  5. 狭心症の心電図変化
  6. 心筋梗塞の心電図変化
  7. 12誘導心電図の記録
  8. 陳旧性心筋梗塞の心電図
  9. 実際の心電図を読むためのフローチャート
  10. 心電図 Q and A
  11. 名前の付いた心電図の変化について

分かりやすい動脈硬化

心房細動について