総合内科のアプローチ
~臨床研修医のために~

総合内科のアプローチ 一覧

Dr.みやけ

様々な症状を訴えて内科診療所を訪れる患者さんの、診断へ至る手法をお話しします。「総合内科のアプローチ」臨床研修医のみなさんにおすすめのコンテンツです。

胸部レントゲン写真から考える肺疾患

胸部レントゲン写真から考える肺疾患

胸部レントゲン写真の所見(粒状・結節・腫瘤、肺炎(均等影)、線状影・すりガラス)から、考えられる疾患を表にまとめました。実際の診断に役立ちます。

ステップアップ心電図の読み方

ステップアップ 心電図の読み方

心電図を読むときに、見逃してはならないポイントは…①右室に注目:肺塞栓症を見逃さない! ②wideQRS tachycardia(房室解離とは?) ③blocked APC、洞房ブロック、洞停止について ④冠動脈多枝病変を見逃さない

関節痛・筋肉痛と内科の病気

関節痛の部位から病気をさがす

多くの病気では関節痛の起こる部位に特徴があります。 関節痛の部位をクリックすると、考えられる病気へ進みます。さらに病気によって好発する年齢と性別があります。年齢に相当する病名をクリックすると、やや詳しい説明にリンクします。

発熱診断のコツ

発熱診断のコツ

内科診療所には、さまざまな訴えを抱えて多くの患者が来られます。限られた短い時間内に診察を行い、適切に検査計画をたてる必要があります。ここでは、私の長年の診療経験に基づいた発熱時の診断のためのコツを述べたいと思います。よくみられる疾患、忘れてはいけない疾患も紹介しています。

発熱や関節の痛みを繰り返す「周期性発熱症候群」

発熱や関節の痛みを繰り返す「周期性発熱症候群」

発熱や激しい痛みを繰り返す「周期性発熱症候群」という一群の病気があります。原因は病原体から体を守る免疫システムの異常という新概念の疾患です。

外来血液検査のコツ

外来血液検査のコツ ー 初診時の血液検査の流れ

さまざまな検査の中で、血液検査は最も一般的な検査の一つです。主訴に応じて血液検査の内容は当然変化するべきですが、限られた診察時間の中で、その都度一つ一つ疾患を思い浮かべながら検査項目を組み合わせることは、必ずしも容易ではありません。

神経内科へのアプローチ

神経内科のアプローチ

神経・筋疾患の診断は、神経所見を正しく取ることから始まります。これには神経診断のための知識と経験が必要で、一朝一夕に得られるものではありません。ここでは正しく得られた神経所見を基にした、神経・筋疾患の診断のアプローチ方法を述べたいと思います。

末梢性ニューロパチー

末梢性ニューロパチー

一般診療所で多くみられる感覚障害や運動障害の原因は、頸椎症や腰椎症による神経根症、絞扼性神経障害、脳血管障害などによるものです。末梢性ニューロパチーとしては、糖尿病性ニューロパチーが一番多くみられます。

Wide QRS tachycardia

Wide QRS tachycardia

Wide QRS tachycardiaでは「否定されるまで心室頻拍VTを疑え」が原則です。Wide QRS tachycardiaでは第一に心室頻拍VTを疑うべきですが、変行伝導を伴う上室性頻拍が少なくありません。

急性冠症候群ACSと心電図

急性冠症候群ACSと心電図

不安定狭心症と急性心筋梗塞は臨床的には一連の流れの中にあり、あわせて急性冠症候群ACSと呼ばれます。ACSの心電図所見は、ST降下/上昇とそれに伴うT変化で、慣れると心電図診断は比較的簡単です。

急性冠症候群ACSと心電図

上室性不整脈は心電図を難しくする

徐脈性の不整脈を除いて、上室性(心房性)不整脈の多くは危険ではありません。しかし、心電図読解を難しくしているのも、多くは上室性(心房性)不整脈です。

 上に戻る