学童と大人のための食物アレルギーQandA > 4.食物アレルギーの特徴 Q4 

学童と大人のための食物アレルギーQandA

4.食物アレルギーの特徴

質問Q4:果物・野菜アレルギーの一般的な経過について教えてください。

答えA4:多くの人は自然に原因食物を食べなくなるため、詳細な経過については明らかではありません。初めの症状が軽くても、原因食物を食べ続けていると、アナフィラキシーなどの重篤な症状に進行していくことも少ないがあります。

花粉食物アレルギー症候群の場合、花粉症に対する花粉特異的免疫療法(減感作療法など)で口腔内の症状が軽減したという報告もありますが、治療の中心は原因食物の除去になります。

原因食物を食べたときの口のピリピリ感をアレルギーと気づかずに食べ続ける人もいるので、花粉症では口腔内の症状がないかどうか注意を要します。一般に、アレルゲンとなる果物・野菜のタンパクは加熱・凍結で壊れやすいので加熱(生焼けでは不十分)したもの、缶詰は摂取可能なことが多いです(セロリ、モモなど以外)。

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

学童と大人のための食物アレルギー

1.食物アレルギーについて

2.緊急時の対応

3.食物アレルギーの診断と検査

4.食物アレルギーの特徴

  1. ラテックス(天然ゴム)と果物アレルギーについて教えてください。
  2. 果物・野菜アレルギーと花粉症の関係について教えてください。
  3. 果物・野菜による口腔内アレルギー症候群(OAS)について教えてください。
  4. 果物・野菜アレルギーの一般的な経過について教えてください。
  5. 仮性アレルゲンと食物アレルギーとはどうしたら区別できますか?
  6. 食物アレルギーの小児に使ってはいけない薬について教えてください。
  7. 食物依存性運動誘発性アナフィラキシーはどうして起こるのですか?
  8. 食物の低アレルゲン化について教えてください。
  9. アレルギー物質の食品表示を読むときの注意を教えてください。
  10. 食品除去の解除を考える目安について教えてください。
  11. 最後になりましたが、おとなの食物アレルギーの展望について。

 上に戻る