兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、町医者の診療メモなど話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > ヘルパンギーナ 

よく見られる子どもの病気・症状

ヘルパンギーナ

夏かぜ症候群の一つとして、夏期になると多く見られるようになります。

突然の高熱で発症し、のどの奥に特徴的な口内炎ができてきます。口内炎は一つのこともあれば、いくつもできることがあります。(写真1,2)

ヘルパンギーナ-写真1
写真1ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ-写真2
写真2ヘルパンギーナ

小さな口内炎は口の中のあちこちにできることもあり、痛みのために食事が食べにくくなることがあります。

発熱は2,3日で良くなり、それとともに口内炎も速やかに消えていきます。ヘルパンギーナと診断されたら、むしろこじれる心配なく、2,3日で解熱すると考えて良いでしょう。

写真で見る「子どもの病気」:ヘルパンギーナのページもご覧下さい。

関連ページ

↓こちらのページもご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状:目次へ


関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状