兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > とびひ 

よく見られる子どもの病気・症状

とびひ

画像をクリックすると拡大します

とびひ-写真1
(写真1)

とびひ-写真2
(写真2)

とびひ-写真3-1
(写真3-1)

とびひ-写真3-2
(写真3-2)

とびひは蒸し暑くなる梅雨のころから急に多くなります。
とびひはあせも、虫さされ、すりきず、湿疹などに細菌が増殖すると起こりやすくなります。
とびひは原因となる細菌により2種類に大別されます。

ブドウ球菌によるとびひは夏場に多く、大小のみずぶくれを作って広がっていきます(写真1)
とびひとしてはきれいな印象がありますが、放っているとたいへん治りにくくなります。

もうひとつのとびひは溶連菌が原因で起こります。顔や手足に多く、黄色の浸出液やかさぶたなどを生じて広がり、きたない印象があります。
夏場に多くなりますが、一年を通していつでもできます。
ブドウ球菌性のとびひよりも治りやすいと言えます(写真2)

どちらとも区別がつかないようなとびひが最近多くなってきました(写真3-1)このとびひではかけはなれた体の部位に湿疹を生じることがあります。
細菌を含む浸出液がとびひしたとも、一種のアレルギー反応を起こしたとも考えられます(写真3-2)

健康な子どものとびひから耐性ブドウ球菌が検出されたことがありました。
過度の抗生物質の使用に対する警鐘とも思えます。

 

写真で見る「子どもの病気」:とびひ(連鎖球菌性)のページとびひ(ブドウ球菌性)のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
写真の利用についてのお問い合わせはこちらをご覧ください。(※写真・イラスト・文章等すべてのコンテンツの無断転載・複写は固くお断りします。)