兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、町医者の診療メモなど話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > プール熱 

よく見られる子どもの病気・症状

プール熱

プール熱は咽頭結膜熱ともいわれ、発熱、咽頭炎、結膜炎の3つが主な症状です(イラスト1)

プール熱-イラスト1
イラストプール熱

アデノウィルス3型といわれるウィルス感染症で、潜伏期間は5~6日です。年間を通して認められますが、とくに夏にプールを介して学童の間に流行するのでプール熱とも呼ばれます。

発病すると39~40度の高熱が3~7日持続します。プール熱の高熱は一週間近く続くのが特徴です。咽頭(のどの奥)は強く発赤するため、のどの痛みも強くなります。

眼の症状としては、充血や目やに、眼の痛みなど結膜炎症状が起こってきます(写真1)

プール熱-写真1
写真1プール熱の結膜炎

その他、下痢や腹痛、鼻水を伴うことがありますが、咳はほとんどありません。

高熱が一週間近く続くため、たいへん心配なものですが、咳も少なく肺炎などの合併症はほとんどありません。

しかし感染力が強いため、主要な症状が消えるまでは登校は禁止です(学校伝染病第2類に指定されています)。

写真で見る「子どもの病気」:プール熱のページもご覧下さい。

関連ページ

↓こちらのページもご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状:目次へ


関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状