兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、町医者の診療メモなど話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > 手足口病 

よく見られる子どもの病気・症状

手足口病

夏に近くなると幼児、学童の間で流行をみますが、大人にも感染することがあります。

ふつうは発熱は微熱程度ですが、流行の年によっては38度近くの熱が出てから2,3日後に手足に発疹や口内炎を生じてきます。

手足の水疱は小さく楕円形で、まわりは赤く水疱は白っぽく見えます(写真1、2)

手足口病-写真1
写真1手足口病の手の水疱

手足口病-写真2
写真2手足口病の足の裏

4、5日するとシミのようになり、治っていきます。

口の中には小さな口内炎があちこちにできますが、舌にできたものは大きくなりやすく痛みも強く、食事が摂れなくなります(写真3,4,5)

手足口病-写真3
写真3手足口病の口の中

手足口病-写真4
写真4手足口病の口の中

手足口病-写真5
写真5手足口病の口の中

手足口病では膝やおしりにも発疹がたくさんできることがあります。
手足口病は登校を禁止することはありませんが、発熱や口内炎が強く食事が摂りにくいときには休んだほうがよいでしょう。  

写真で見る「子どもの病気」:手足口病のページもご覧下さい。

関連ページ

↓こちらのページもご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状:目次へ


関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状