写真で見る「子どもの病気」 > ヘルパンギーナ 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナは乳幼児の間で流行する夏かぜの一種で、38~40℃の高熱が2~3日続きます。

のどの奥に小さな水ほうや口内炎ができて痛いので食べられなくなることがあります。(写真1~3)
ひどいときは水分も飲めなくなり、脱水症になることがあります。

写真をクリックすると拡大します

ヘルパンギーナ 写真01
写真1ヘルパンギーナの喉の水疱

ヘルパンギーナ 写真02
写真2ヘルパンギーナの喉の水疱

ヘルパンギーナ 写真03
写真3ヘルパンギーナの喉の水疱

保育所・学校は

熱が下がって口の痛みがなくなるまで、4~5日は休んだほうがよいでしょう。

こんな時は要注意

  • 口の中の痛みが強く、水分をあまり取らないとき
  • 高い熱が3日以上続くとき
  • 元気がなくぐったりしているとき

エンテロウイルス感染症

ヘルパンギーナはエンテロウイルス感染による疾患のひとつです。

エンテロウイルスは小児期に多彩な病像の感染症を引き起こします。
夏期に多く「夏かぜ」の病原といわれますが、夏だけ流行するものではなく年間を通してみられます。毎年流行するウイルスが異なります。

代表的な疾患は急性上気道炎、胃腸炎、ヘルパンギーナ、手足口病、ウイルス性発疹症、無菌性髄膜炎、急性脳脊髄炎、急性灰白髄炎(ポリオ)、心筋炎、出血性結膜炎などです。

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」


 上に戻る