写真で見る「子どもの病気」 > 突発性発疹 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

突発性発疹

突発性発疹の発疹の特徴

からだのおへそを中心に大きさの異なる赤い斑点が出てきます。
手足にはみられません。(写真1~3)

写真をクリックすると拡大します

突発性発疹-写真1 からだのおへそを中心に大きさの異なる赤い斑点が出てきます。
写真1突発性発疹のからだの発疹

突発性発疹-写真2 写真2突発性発疹のからだの発疹

突発性発疹-写真3写真3突発性発疹のからだの発疹

顔にも出ることが多く、目の周りが赤くなることもあります(赤パンダと呼んでいます)。(写真4~6)

突発性発疹-写真4写真4突発性発疹の顔の発疹

突発性発疹-写真5写真5突発性発疹の顔の発疹

突発性発疹-写真6 写真6突発性発疹の顔の発疹

突発性発疹の症状

突発性発疹は、生後4~5ヶ月から1歳くらいまでの赤ちゃんが、急に高い熱(39℃近く)を出して3~4日続きます。
生まれて初めての高熱のことが多く、咳や鼻水などの風邪の症状はありません。

熱が下がると同時にからだに赤い発疹が出ます。
便がゆるくなることもあります。
高熱のわりに元気は良く、水分やミルクもふだんの7割くらい飲みます。

夜中に機嫌悪くぐずることがあります。
母親から子どもへの感染が考えられています。

突発性発疹のときに家庭で気をつけること

1)高熱

高熱が続きますが、熱で頭がおかしくなることはありません。
熱が続く間は着せ過ぎや掛けすぎに注意し、いやがらなければ氷枕で冷やすのも良いでしょう。

2)ミルク

ふだんの7割くらいは飲むことができますが、少ないときは薄めてみると良いでしょう。
熱があるときには水分を充分与えることが大切なので、果汁やアクアライト(アクアサーナ)など飲みやすいものを与えましょう。

3)離乳食

ふつうは7割くらいは食べてくれます。

4)入浴

高熱があるときや元気のない時以外には、発疹があっても入浴して良いでしょう。

こんな時には診てもらいましょう!

  1. 引きつけを起こした時
  2. 水分をあまり取らないで、元気のない時

突発性発疹の「2度がかり」

おもに1歳以上の乳児で、すでに突発性発疹にかかっているにもかかわらず、もう一度かかることがあります。
これは原因がウィルスがヒトヘルペスウィルス6と7の2種類が知られているからです。

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」


 上に戻る