写真で見る「子どもの病気」 > ガングリオン 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

ガングリオン

ガングリオンとは

ガングリオンは腱を包んでいる腱鞘(けんしょう)や、関節と包んでいる関節包がふくらむ良性の腫瘤(しこり)です。

写真をクリックすると拡大します

ガングリオン-写真01写真1手首のガングリオン

ガングリオン-写真02写真2足首のガングリオン

手関節の甲がいちばん発生しやすく、手のひらや指のつけ根、肘関節周辺、足首の関節付近などにできることもあります。
女性に多いのが特徴です。

ガングリオンは無症状ですが、できた場所によっては神経を圧迫して不快に感じたり、痛んだりすることがあります。

どうしてガングリオンができるのかはっきりと分かっていません。
注射器でしこりの中身を吸い出すと、無色透明なゼリー状の液体が出てきたらガングリオンです。

手を酷使しないようにしてしばらく様子をみます。
日常生活に支障をきたさない場合には、そのままにしても大丈夫です。

写真で見る子どもの病気:目次へ

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」


 上に戻る