兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

写真で見る「子どもの病気」 > りんご病〈手足と体〉の症状 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

りんご病〈手足と体〉の症状

りんご病の手足と体の発疹

りんご病は顔の皮膚の変化で受診されるよりも、手足やからだの変化に気がついて受診される場合が多いようです。顔の赤い紅斑とほぼ同時期かやや遅れて、肩や手足にレース様または網目状の赤い斑点(紅斑)を認めるようになります。

りんご病の手足の発疹

写真をクリックすると拡大します

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真1 肩の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真2 腕の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真3 腕の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真4 腕の紅斑)

紅斑はまだらに見えることもあれば、日に焼けた後のように均一に赤く見えることもあります。また小さな斑点の集まりとして現れることもあります。

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真5 腕の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真6 腕の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真7 腕の紅斑)

紅斑は手の甲にも出現します。

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真8 手の甲の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真9 足の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真10 足の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真11 足の紅斑)

りんご病の皮膚症状(手足とからだ)
(写真12 足の紅斑)

りんご病の体の発疹

からだにも紅斑は起こりますが、小さな斑点状に現れることが多いようです。

りんご病の皮膚症状(からだ)
(写真13 体の紅斑)

りんご病の皮膚症状(からだ)
(写真14 体の紅斑)

りんご病の皮膚症状(からだ)
(写真15 体の紅斑)

りんご病の紅斑は数日で消えていきますが、日光や寒冷、入浴、ストレス、摩擦などの刺激でふたたび出現することがあります(1~4週間くらい)。

紅斑は血管が拡張して起こる変化で、指で押さえるとその部分の赤みが消える特徴があります。したがって入浴後にとくに赤みが強くなり、むずむずとしたかゆみを感じることがありますが、あとを残すことはありません。

りんご病に似た紅斑

りんご病に似た紅斑は、溶連菌感染症や風疹でも現れます。これらと見間違わないように注意が必要です。溶連菌感染症では咽頭発赤や丘疹様の盛り上がった湿疹も現れ、いろいろな変化に富んでいます。区別が困難なときは咽頭ぬぐい液で検査することができます。風疹では耳の後のリンパ節腫大が特徴的です。

大人のりんご病

おとながりんご病にかかると手足の関節炎を起こすことがしばしばあります。関節炎は膝や腰の関節に起こりやすく、階段の上り下りにも困難を感じます。関節炎が強いと手首や肘の関節も腫れていたくなることがあります。関節炎に皮膚の紅斑が現れると、内科的な他の病気と間違われることがあります。

妊娠初期に妊婦がりんご病にかかると死産や流産の危険性があります。注意しましょう。

りんご病の顔の症状

りんご病の顔の症状と写真はこちらをご覧ください。

りんご病の詳しい説明

りんご病の詳しい説明と他の写真は、こちらのページをご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」:目次へ


関連コンテンツ

写真で見る「子どもの病気」

《 写真の利用について 》
写真の利用についてのお問い合わせはこちらをご覧ください。(※写真・イラスト・文章等すべてのコンテンツの無断転載・複写は固くお断りします。)