兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

写真で見る「子どもの病気」 > レックリングハウゼン病 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

レックリングハウゼン病

レックリングハウゼン病とは

今まで神経線維腫症と呼ばれていましたが、遺伝子診断の発達によりⅠ型をレックリングハウゼン病と呼ぶようになりました。Ⅰ型は皮膚症状が強く出るタイプ、Ⅱ型は脳腫瘍などが出やすいタイプと考えて良いでしょう。

日本での患者数は人口10万人に30~40人とされ、決して珍しくありません。出生直後にはカフェオレ斑と呼ばれる茶褐色の斑が複数個みられるだけです。とくに6個以上あるとこの病気の可能性が考えられます(同一症例:写真1、2)

レックリングハウゼン病-写真01
(写真1 カフェオレ斑)

レックリングハウゼン病-写真02
(写真2 カフェオレ斑)

児童期から思春期前後から、程度の差はあれ、からだの様々な部位に数mm~数十cmの皮下腫瘤(神経線維腫)が現れてきます(写真3)

レックリングハウゼン病-写真03
(写真3 皮下腫瘤)

  目次にもどる  

関連コンテンツ

写真で見る「子どもの病気」

《 写真の利用について 》
写真の利用についてのお問い合わせはこちらをご覧ください。(※写真・イラスト・文章等すべてのコンテンツの無断転載・複写は固くお断りします。)