写真で見る「子どもの病気」 > いちご状血管腫 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

いちご状血管腫

いちご状血管腫とは

いちご状血管腫はいちごをうすくスライスして置いたような表面が顆粒状の柔らかいしこりです。

写真をクリックすると拡大します

いちご状血管腫-写真01 写真1いちご状血管腫

生まれたときにあるとは限らず、生後2~3週頃から急速に拡大するものもあります。
原則として自然に消えていくのを待ちますが、初め扁平でも3ヶ月頃から急激に盛り上がってくるものがあります。

定期的受診が必要で、ふつうは5~6歳頃までに自然に消えます。
しこり状になるものは遅れて9~10歳頃までかかります。
部位によってはレーザー治療が行われることがあります。

写真で見る子どもの病気:目次へ

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」


 上に戻る