写真で見る「子どもの病気」 > 花粉症 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

花粉症

花粉症の鼻粘膜

花粉症は季節により原因となる花粉の種類は異なりますが、鼻鏡で鼻の中(鼻腔)を観察すると、特徴的な変化が現れます。

もともと鼻腔の粘膜はピンクがかった均一な赤色で、粘膜の表面もなめらかできれいです。
花粉症の時期になると、早期には粘膜の変化は著明ではありませんが、やや白みがかかった粘膜の変化がみられるようになります。

花粉症の最盛期には、はっきりと白くなった粘膜が認められるようになります。

写真をクリックすると拡大します

花粉症-写真01 写真1花粉症の鼻粘膜

花粉症-写真02 写真2花粉症の鼻粘膜

年間を通して鼻炎症状が起こるアレルギー性鼻炎では、正常の赤みがかったきれいな粘膜はみられず、花粉症でみられたような粘膜の荒れた変化が混在しています。

早朝に冷気が刺激で起こる血管運動性鼻炎はアレルギー反応ではないために、花粉症やアレルギー性鼻炎にみられるような粘膜の変化はなく、正常に近い粘膜となります。

写真で見る子どもの病気:目次へ

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

写真で見る「子どもの病気」


 上に戻る