学童と大人のための食物アレルギーQandA > 3.食物アレルギーの診断と検査 Q7 

学童と大人のための食物アレルギーQandA

3.食物アレルギーの診断と検査

質問Q7:どんなときに皮膚テストを行いますか?有用性について教えてください。

答えA7:食物アレルギーの検査としては特異的IgE抗体の検査が広く利用されています。皮膚テストは手技がややはんざつなこともあり、実施される機会が少なくなってきました。
しかし、皮膚テストは試験管内で行う特異的IgE抗体と違って、皮膚を使った反応でより臨床症状に近い反応をみることができます。

欠点としては、特異的IgE抗体検査でもいえることですが、感度は高いが、食物負荷試験と比較して特異度が低いこと、つまり皮膚テストが陽性だからといって、必ずしもその抗原に対して食物アレルギーを示すことにはならないことが挙げられます。

食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎では、除去負荷試験で食物アレルギーが確認できても、試験管内の検査である特異的IgE抗体が陰性を示す場合があります。これはIgE抗体が産生されにくい乳児期早期でとくに多くみられます。このような場合でも皮膚テストは陽性となり、原因アレルゲンを特定するきっかけとなることがあります。

最近とくに増加している果物・野菜アレルギーの診断には生の食品による検査が必要で、プリックプリックテスト(果物・野菜を針で刺してからプリックテストを行うこと)により、診断が可能なケースも多く存在します。

参考文献:
1) 「食物アレルギー」 監修斉藤博久、編集海老澤元宏、診断と治療社

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

学童と大人のための食物アレルギー

1.食物アレルギーについて

2.緊急時の対応

3.食物アレルギーの診断と検査

  1. 食物アレルギーの診断に役立つ食物日誌のつけ方を教えてください。
  2. 即時型とゆっくり型の食物アレルギーの見分け方を教えてください。
  3. 血中の特異的IgE抗体検査の結果用紙に、0~6までのクラス分けがありますが、どういう意味ですか?
  4. 特異的IgE抗体のプロバビリティーカーブとは何ですか?
  5. 特異的IgE抗体検査の結果は年齢によって変化しますか?
  6. 特異的IgE抗体価が高ければ本当に食べられませんか?
  7. どんなときに皮膚テストを行いますか?有用性について教えてください。
  8. 食物アレルギーの経口負荷試験の手順について教えてください。

4.食物アレルギーの特徴


 上に戻る