兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】院長ブログ。
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

心臓・血管の話治療抵抗性高血圧2.降圧薬の種類 (1)カルシウム拮抗薬 

思うように下がらない高血圧、手に負えない高血圧「治療抵抗性高血圧」

2.降圧薬の種類

(1)カルシウム拮抗薬

画像をクリックすると拡大します


(イラスト4)

(イラスト4)生体の無機質精分の中で最も多いカルシウム(Ca)は、大部分が骨や歯に存在しますが、一部はCaイオンとして細胞の機能調節に関与しています。Caイオン濃度を細胞内外で比較してみると、細胞内は細胞外に比べ1万分の1と非常に低く保たれています。

*やや詳しい説明* (イラスト5)

動脈の血管壁には、平滑筋でできた層があって、この細胞が収縮することで血管は細くなり血圧が上がります。血管壁の細胞に刺激が加わると、細胞外から細胞内に向けて、細胞膜のカルシウムチャネル(Caイオンの通路)を通ってCaイオンの流入が起こります。このCaイオンの流入により、血管が収縮し血圧上昇がもたらされるのです。Caイオンの通り道であるカルシウムチャネルをふさぐことで、平滑筋の収縮を浅江、血管をひろげ、血圧を下げることが出来ます。高血圧では、このカルシウムチャネルを含めて細胞膜に何らかの異常が存在するのではないかと考えられています。

(イラスト6)カルシウム拮抗薬は、Caイオンの細胞外から細胞内への流入を、カルシウムチャネルの所でブロックします。その結果、血管が拡張し血圧上昇を抑えて血圧低下を起こす働きがあります。

血管が拡張すると血圧が下がるだけではなく、血液の流れが良くなるという大きなメリットがあります。血流が良くなると脳や心臓、腎臓といった臓器の保護作用が生まれてきます。カルシウム拮抗薬の種類はたくさんありますが、薬の種類によって脳や心臓、腎臓の血管をより選択的に拡張させて血流を改善させる薬があります。たとえば、心臓の血管を冠動脈といいますが、冠動脈の拡張作用のあるカルシウム拮抗薬は、狭心症の予防効果があります。

*ポイント:カルシウム拮抗薬は血管拡張させて血圧を下げるだけではなく、血流を改善して動脈硬化を予防して臓器保護作用が期待できる。

反対にカルシウム拮抗薬の欠点もあります。血管が拡張して血流が良くなると、人によっては頭痛や顔のほてり、どうきが起こりやすくなります。このような症状が出やすい人には、カルシウム拮抗薬は生活の質を起こすことにもなり投与はできません。最近はどうきを押さえる働きのあるカルシウム拮抗薬もありますが、副作用の出方には大きな個人差があります。一般に、女性ほどこれらの症状が出やすい傾向がありますが、女性ホルモンとの関係、とくに更年期との関係が深いと思われます。

*ポイント:カルシウム拮抗薬では頭痛や顔のほてり、どうきなどが起こることがある。とくに女性で起こりやすい。また、カルシウム拮抗薬とグレープフルーツジュースとはいっしょに飲まないようにする(作用が強くなるため)。

*商品名:ノルバスク、アムロジン、アダラート、ペルジピン、ヘルベッサー、ニバジール、ヒポカ、バイミカード、バイロテンシン、カルスロット、コニール、スプレンジオール、ムノバール、ランデル、カルブロック など

1.はじめに << 目次にもどる >> 2.降圧薬の種類
(2)ACE阻害薬とARB

関連コンテンツ

心臓・血管の話

■治療抵抗性高血圧

  1. はじめに
  2. 降圧薬の種類
    1. カルシウム拮抗薬
    2. ACE阻害薬とARB
    3. アルファ遮断薬(α遮断薬),ベータ遮断薬(β遮断薬),アルファベータ遮断薬(αβ遮断薬)
    4. 利尿剤
  3. 高血圧の自覚症状について
  4. 高血圧治療におけるコントロール不良と治療抵抗性の要因降圧薬の種類
  5. 診察室でもっとも多い「なかなか下がらない高血圧」
  6. まず少量の降圧利尿薬の追加
  7. 治療抵抗性の切り札は「アルドステロン拮抗薬」
  8. 慢性腎臓病(CKD)と治療抵抗性高血圧
  9. 血圧の変動性
  10. ベータ遮断薬に期待される役割とは?

誰でも分かる「簡単な心電図の読み方」

分かりやすい動脈硬化

心房細動について