兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科【内科・循環器内科・小児科】
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、町医者の診療メモなど話題いっぱいのホームページです。

心臓・血管の話治療抵抗性高血圧 > 9.血圧の変動性 

思うように下がらない高血圧、手に負えない高血圧「治療抵抗性高血圧」

9.血圧の変動性

画像をクリックすると拡大します


(イラスト26)


(イラスト27)

(イラスト26) 血圧は、ストレス、喫煙、肥満、環境や日常の行動によって様々な影響を受けて変動しています。つまり血圧を測定した時の状態によって値は変化します。

 

(イラスト27) 他人との比較ではたとえ平均血圧が同じでも、変動性(標準偏差)や最大到達値(最大収縮期血圧)が異なる場合があります。Bさんのように突出した血圧値を示すなど、変動性が大きくなっている場合、脳心血管イベント(脳卒中や心臓病)発症リスクが高まります。

診察室では血圧が上昇し、自宅では血圧が正常な白衣高血圧。診察室だけでなく、日常生活の中でも緊張などにより容易に血圧が上昇していることが推測できます。最近、職場血圧ということばを耳にする機会が多くなってきました。仕事中に血圧を測ると血圧が大きく変動していることは容易に想像できます。しかし、仕事に支障が生じるため職場で血圧を測ることは、言うほど簡単なことではないかもしれません。

 

(イラスト28) 脳卒中発症リスクは、受診毎の血圧変動性の大きな患者、最大到達値(最大収縮期血圧)が高い患者で高くなることが指摘されています。脳心血管イベントのリスク評価の指標として、収縮期血圧とともに血圧変動の大きさも考慮する必要があります。

 

(イラスト29) 最近のデータによれば、カルシウム拮抗薬が他の降圧薬に比べて収縮期血圧の変動幅を有意に縮小させることが分かってきました。

現在の血圧測定方法ではそのときそのときのポイント測定しかできない。収縮期血圧以外のパラメーター、たとえば血圧変動や中心血圧などを考慮した新しい血圧測定機法が近い将来発案されるかもしれない。

8.慢性腎臓病(CKD)と
治療抵抗性高血圧 <<
目次にもどる >> 10.ベータ遮断薬に
期待される役割とは?

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

心臓・血管の話

■治療抵抗性高血圧

  1. はじめに
  2. 降圧薬の種類
    1. カルシウム拮抗薬
    2. ACE阻害薬とARB
    3. アルファ遮断薬(α遮断薬),ベータ遮断薬(β遮断薬),アルファベータ遮断薬(αβ遮断薬)
    4. 利尿剤
  3. 高血圧の自覚症状について
  4. 高血圧治療におけるコントロール不良と治療抵抗性の要因降圧薬の種類
  5. 診察室でもっとも多い「なかなか下がらない高血圧」
  6. まず少量の降圧利尿薬の追加
  7. 治療抵抗性の切り札は「アルドステロン拮抗薬」
  8. 慢性腎臓病(CKD)と治療抵抗性高血圧
  9. 血圧の変動性
  10. ベータ遮断薬に期待される役割とは?

誰でも分かる「簡単な心電図の読み方」

分かりやすい動脈硬化

心房細動について