学童と大人のための食物アレルギーQandA > 1.食物アレルギーについて Q4 

学童と大人のための食物アレルギーQandA

1.食物アレルギーについて Q4

質問Q4:食物アレルギーは即時型アレルギーといわれますが、即時型とは何ですか?

答えA4:今までにも述べたように、即時型とはIgE抗体が関係したアレルギー反応です。始めはアレルギーを起こす原因となる食物に反応するリンパ球の数は少ないため、目に見えた症状は起きません。

しかし、繰り返しその食物を食べるうちに、食物に反応するリンパ球が数を増やしたり、IgE抗体を産生する機能を獲得していきます(感作と呼ばれます)。生まれつきアトピー素因であったり(アトピー素因は皮膚炎だけでなく、アレルギー一般を起こしやすい体質のことです)、その食物がアレルギーを起こしやすい性質であったりすると、Tリンパ球が2型(Th2)の性質を帯び、Bリンパ球にその食物に対するIgE抗体を作らせます。

即時型アレルギーとIgE抗体
図1即時型アレルギーとIgE抗体

いったん感作されてその食物に対するIgE抗体が作られると、体中の皮膚や粘膜に存在するマスト細胞(肥満細胞)に結合します。

次にその食物を食べ、未消化なままで吸収されると、血液により体中に運ばれてマスト細胞(肥満細胞)のIgE抗体と結合します。マスト細胞(肥満細胞)は、これが刺激となって細胞内に蓄えられているヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。

これらの化学物質による刺激で、血管から血漿成分がもれて、むくみやかゆみをしょうじたり(じんましん)、気管支を収縮させて喘息発作を起こしたりするわけです。これらは体に取り込まれた直後から約2時間以内に症状が起こるので、即時型反応といいます。

関連コンテンツ

※このサイトは、地域医療に携わる町医者としての健康に関する情報の発信をおもな目的としています。

※写真の利用についてのお問い合わせは こちら をご覧ください。

学童と大人のための食物アレルギー

1.食物アレルギーについて

  1. Ⅰ型アレルギー反応についてもう少し詳しく教えてください。
  2. アレルギー反応は、ほんとうはからだを守るはずのものだったのですか?
  3. 食物アレルギーと花粉症、アトピー性皮膚炎とは同じアレルギーでも違いますか?
  4. 食物アレルギーは即時型アレルギーといわれますが、即時型とは何ですか?
  5. 食物アレルギーを起こさないために備わっている体の仕組みとは、どのようなものですか?
  6. 免疫学的寛容についてもう少し詳しく説明してください。
  7. 乳幼児期に食物アレルギーがあると、成長してから(学童や大人)食物アレルギーになりやすいですか?
  8. 乳幼児の食物アレルギーとアトピー性皮膚炎はどのようにして起こるのですか?
  9. 成長して学童になっても続くような食物アレルギーの見分けかたはありますか?
  10. 子どもの時にはなかったのに、大人になってから食物アレルギーが起こることがあるのはどうしてですか?

2.緊急時の対応

3.食物アレルギーの診断と検査

4.食物アレルギーの特徴


 上に戻る