兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > 突発性発疹 

よく見られる子どもの病気・症状

突発性発疹

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

突発性発疹-イラスト1
(イラスト1)

突発性発疹-写真1
(写真1)

突発性発疹-写真2
(写真2)

生後6ヶ月を過ぎた頃、急に39度を越える発熱を生じたときに、まず最初に考えるのが突発性発疹です。
発病の初期には特徴的な症状がないために、突発性発疹と診断するのは困難ですが、次のような点から突発性発疹を疑うことができます。

6ヶ月から1歳までの乳児がかかりやすく、1歳を越えると少なくなります。
39度以上の高熱のわりには、元気のよい印象が強く、せきや鼻水などのかぜの症状はほとんどみられません。
水分や食事もふだんよりも少なくなりますが、ふつうの7割くらいは摂ることができます。
しかし機嫌は悪くなり、夜には泣いて寝かしてもらえないことがあります。
育児書には、「お父さんは眠たい目をこすりながら会社に出かけて行く」とありました。下痢を起こすこともあります。

発熱は39度を超えることがほとんどで、少なくとも2日は続きます。
発熱は平均3日続いてから、下がっていきます(イラスト1)
同時に体、とくにおなか付近に赤い斑点を生じてきます(写真1)
この斑点は顔にも見られることが多いのですが(写真2)、背中や手足にはほとんど見られません。
赤い発疹が見られるようになったら、この病気の終わりです。発疹は2日くらいで消えていきます。

 

写真で見る「子どもの病気」:突発性発疹のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。