兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる子どもの病気・症状 > ヘルペス性歯肉口内炎 

よく見られる子どもの病気・症状

ヘルペス性歯肉口内炎

スポンサーリンク

子どもが1歳を過ぎたころ、急に39度台の高熱が出るのがこの病気の始まりです。
1〜3歳の幼児で、せきや鼻水などのかぜ症状がなく、高熱が続くときには本症の疑いを持ちます。

口の中の痛みは早くから起こるせいか、よだれが多くなったり、歯ぐきが赤くはれているのに気がつくこともあります。
3,4日で熱は下がりますが、このころから舌の先やくちびるに小さな口内炎が多発してきます。

この口内炎はアフタ性口内炎(アフタ写真1)のように大きくはなく、小さな口内炎がくちびる(ヘルペス写真2)や口の中に多発してきます。

舌先の口内炎は小さく白く、たくさんできるためいかにも痛そうです(ヘルペス写真3)
くちびるや歯ぐきも赤くはれ、小さい口内炎がいくつもできます(ヘルペス写真4、5)

口内炎は一週間から二週間近く続き、痛みのために食事も摂れなくなります。
原因となる単純ヘルペスに対する抗ウイルス薬を内服すると3、4日でよくなります。

 

写真で見る「子どもの病気」:ヘルペス性(歯肉)口内炎のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。