兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ写真で見る「子どもの病気」 > ヘルペス性(歯肉)口内炎 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

ヘルペス性(歯肉)口内炎

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真01 舌の口内炎
(写真1)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真02 舌の口内炎
(写真2)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真03 口唇の口内炎
(写真3)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真04 口唇の口内炎
(写真4)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真05 口唇の発赤・腫脹
(写真5)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真06 口唇の発赤・腫脹
(写真6)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真07 歯肉の発赤・腫脹
(写真7)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真08 歯肉の発赤・腫脹
(写真8)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真09 歯肉の発赤・腫脹
(写真9)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真10 歯肉の発赤・腫脹
(写真10)

ヘルペス性(歯肉)口内炎-写真11 歯肉の発赤・腫脹
(写真11)

ヘルペス性(歯肉)口内炎とは

1〜3歳の乳幼児に急に39℃近くの高熱が出て、せきや鼻水などかぜの症状がないときには、ヘルペス性口内炎を考える必要があります。
この病気は、単純ヘルペス(T型)に初めて乳幼児が感染したとき(おもに母親から感染することが多いと考えられます)に発病します。
単純ヘルペス(T型)は大人では全員が保有するウィルスですが、小さいときに感染するとヘルペス性口内炎を起こします。
しかしすべての乳幼児が高熱が出て口内炎がひどくなるわけではなく、軽くすんでほとんど気がつかないこともあります。
最近では稀ながら、10歳代後半にこの病気にかかる若者がいます。

 

ヘルペス性口内炎の特徴は

(1)舌の口内炎(写真1、2)

(2)口唇の口内炎(写真3、4)と発赤・腫脹(写真5、6)

(3)歯肉の発赤・腫脹がみられる(写真7〜11)

ことです。

口内炎は一つや二つではなく多発するために、食事も取れないほど痛くなります。

 

ヘルペス性口内炎はまず高熱で発症しますが、3日頃までは口内炎は見られないために初期には診断は困難です。
注意すると初期から歯肉が赤く腫れていて、この病気を予測することができます。
解熱するとほぼ同時に舌や口唇に口内炎が多発してきます。
また歯肉炎を起こすため、歯肉から出血しやすくなります。

最近では、抗ウィルス薬が特効薬として使われます。2〜3日で劇的に回復しますが、口唇の口内炎の後には黒いかさぶたが残ります。

 

こんなときはもう一度診察を・・・

(1)口の痛みが強くて水分をあまり飲まないとき

(2)高い熱が3日以上続くとき

(3)元気がなく、ぐったりしているとき

 

保育所・学校

よだれなどから移ることがあるので、口内炎が完全に治るまで約1週間は家にいましょう。

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

もっと見る(目次へ)≫

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。