兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ写真で見る「子どもの病気」 > 単純ヘルペス感染症〈2〉(口唇ヘルペス、頬部、舌、からだ、手足のヘルペス) 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

単純ヘルペス感染症〈2〉(口唇ヘルペス、頬部、舌、からだ、手足のヘルペス)

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

単純ヘルペス感染症-写真12 口唇ヘルペス
(写真12)

単純ヘルペス感染症-写真13 口唇ヘルペス
(写真13)

単純ヘルペス感染症-写真14 口唇ヘルペス
(写真14)

単純ヘルペス感染症-写真15 口唇ヘルペス
(写真15)

単純ヘルペス感染症-写真16 口唇ヘルペス
(写真16)

単純ヘルペス感染症-写真17 口唇ヘルペス
(写真17)

単純ヘルペス感染症-写真18 口唇ヘルペス
(写真18)

単純ヘルペス感染症-写真19 口唇ヘルペス
(写真19)

単純ヘルペス感染症-写真20 口唇ヘルペス
(写真20)

単純ヘルペス感染症-写真21 口唇ヘルペス
(写真21)

単純ヘルペス感染症-写真22 口唇ヘルペス
(写真22)

単純ヘルペス感染症-写真23 口唇ヘルペス
(写真23)

単純ヘルペス感染症-写真24 口唇ヘルペス
(写真24)

単純ヘルペス感染症-写真25 口唇ヘルペス
(写真25)

単純ヘルペス感染症-写真26 口唇ヘルペス
(写真26)

単純ヘルペス感染症-写真27 口唇ヘルペス
(写真27)

単純ヘルペス感染症-写真28 口唇ヘルペス
(写真28)

単純ヘルペス感染症-写真29 口唇ヘルペス
(写真29)

単純ヘルペス感染症-写真30 口唇ヘルペス
(写真30)

単純ヘルペス感染症-写真31 口唇ヘルペス
(写真31)

単純ヘルペス感染症-写真32 頬部、舌ヘルペス
(写真32)

単純ヘルペス感染症-写真33 頬部、舌ヘルペス
(写真33)

単純ヘルペス感染症-写真34 頬部、舌ヘルペス
(写真34)

単純ヘルペス感染症-写真35 頬部、舌ヘルペス
(写真35)

単純ヘルペス感染症-写真36 頬部、舌ヘルペス
(写真36)

単純ヘルペス感染症-写真37 頬部、舌ヘルペス
(写真37)

単純ヘルペス感染症-写真38 からだのヘルペス
(写真38)

単純ヘルペス感染症-写真39 からだのヘルペス
(写真39)

単純ヘルペス感染症-写真41 手足のヘルペス
(写真40)

単純ヘルペス感染症-写真42 手足のヘルペス
(写真41)

単純ヘルペス感染症-写真43 手足のヘルペス
(写真42)

単純ヘルペス感染症-写真44 手足のヘルペス
(写真43)

単純ヘルペス感染症-写真45 手足のヘルペス
(写真44)

単純ヘルペス感染症-写真46 手足のヘルペス
(写真45)

口唇ヘルペス

口唇は単純ヘルペスウィルスにより多彩な皮膚症状が出やすい部位です。
口唇ヘルペスの皮膚症状は、【1】びらん、【2】口角炎、【3】口内炎、【4】腫脹、【5】水ほう に分けると整理しやすくなります。

【1】口唇にできる単純ヘルペスはしばしば口唇のびらんとして発症します。
注意すると口唇の縁に沿ってびらんができているのが分かります(写真12、13)
びらんは口唇周囲だけでなく口唇にもできます(写真14、15)
小学生によくみられるのが、口唇の乾燥と不快感のため口唇をよくなめるために楕円形のびらんが口唇を取り囲むようにできることがあります(写真16、17)

【2】いわゆる「あくちが切れる」のは、口角にできた単純ヘルペスの場合がほとんどと考えられます。
口を開閉するたびに口角が切れるため治りにくくなります(写真18、19)
そこに細菌感染を起こしてとびひのようになることもしばしばあります(写真20、21)。 

【3】口唇に多発する口内炎として単純ヘルペスはよくできます。
口唇全体を占めるような大きな口内炎を起こすこともしばしばあります(写真22〜25)
このような大きな口内炎は、不思議と猛暑の夏に中学生が部活中に起こすことが多いようです(写真26)

【4】口唇に単純ヘルペス感染が起こると赤く腫れてくることがあります(腫脹)。
ヘルペスによる水ほうや口内炎を伴うこともあれば(写真27〜29)、水ほうがはっきりと分からない場合もあります(写真30)

【5】最後になりましたが、「ねつのはな」として知られる単純ヘルペス疱疹はもっとも一般的なものです(写真30、31)。 

頬部、舌ヘルペス

単純ヘルペス感染症は口腔内(口の中)にもよく起こります。
誰でも経験するのが口内炎でしょう(写真32)
口内炎の正確な原因は今だ明確ではありませんが、そのほとんどは単純ヘルペスによるものと考えられます。

小さな口内炎の一つや二つは誰にでもできとくに問題にはなりませんが、舌に無数にできる乳頭の腫脹や舌先にできる巨大な口内炎は痛みのために食事をするのも困難です(写真33〜36)
また、のどの奥にできた口内炎には軟膏が使用できないため、自然に治るのを待たなければなりません(写真37)

夏かぜとして有名な手足口病の口内炎も舌に大きな口内炎をつくることで有名ですが、これらの例は単純ヘルペス感染症によるものです。

 

からだのヘルペス

からだにできる単純ヘルペス感染症は、帯状疱疹とときに区別が必要になります。
区別が困難な例もありますが、帯状疱疹は神経の走行に沿って帯状に広がり、水ほうがやや大きく、かさぶた(痂皮)も黒く大きくなる傾向があります。
単純ヘルペスでは、水ほうは小さく、帯状というよりは無秩序な広がりを持った水ほうを形成します。
顔やからだの左右にまたがって広がります(写真38〜39)

 

手足のヘルペス

手足にも単純ヘルペス感染症は起こります(写真40〜44)
おしゃぶりが原因で乳幼児の親指に水ほうができることもあります(写真45)

単純ヘルペス感染症〈1〉(顔のヘルペス)へ⇒

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

もっと見る(目次へ)≫

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。