兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

写真で見る「子どもの病気」 > 溶連菌感染症の顔とからだの症状 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

溶連菌感染症の顔とからだの症状

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真1)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真2)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真3)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真4)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真5)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真6)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真7)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真8)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真9)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化
(写真10)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真11)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真12)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真13)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真14)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真15)

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化
(写真16)

溶連菌感染症の顔の皮膚変化

溶連菌感染症は顔の皮膚にも特徴的な変化を起こします。

顔の皮膚変化としては、

1.鼻やひたい、ほほに広がる紅斑(皮膚が赤く変色すること)(写真1、2、3)

2.にきびに似たような丘疹(写真4、5、6、7)

3.かさかさとした皮膚の荒れのような変化(写真8、9、10)

などの湿疹が認められます。

 

次に述べるように手足やからだにも特徴的な溶連菌感染による変化が顔の皮膚の変化と同時に認められることがしばしばあります。
しかし咽頭の発赤・出血斑はすでに消失している場合が多く認められます。
このような全身の皮膚の変化が認められてもイチゴ舌が認められない場合もしばしばあります。

 

溶連菌感染症のからだの皮膚の変化

溶連菌感染症ではからだの皮膚にも変化が起こることがあります。

1.赤い斑点状の湿疹がからだ全体に広がって出てくるもの(写真11、12)

2.からだ全体が赤くなってかさかさして荒れてくる変化(写真13、14)

3.からだにもぶつぶつとした丘疹が出ることもあります(写真15、16)

 

溶連菌感染症(口と舌)へ→
溶連菌感染症(手足)へ→

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。