兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページ写真で見る「子どもの病気」 > とびひ(ブドウ球菌性) 

写真画像で見る「子どもの病気」子どもの病気について説明は最小限にして、写真をできるだけ豊富にのせて解説しています。

とびひ(ブドウ球菌性)

スポンサーリンク

写真をクリックすると拡大します

ブドウ球菌によるとびひ
(写真1)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真2)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真3)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真4)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真5)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真6)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真7)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真8)

ブドウ球菌によるとびひ
(写真9)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真10)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真11)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真12)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真13)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真14)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真15)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真16)

溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかない、両者の混合型とも言えるとひび
(写真17)

耐性ブドウ球によるとびひ
(写真18)

耐性ブドウ球によるとびひ
(写真19)

耐性ブドウ球によるとびひ
(写真20)

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)
(写真21)

ブドウ球菌によるとびひ

黄色ブドウ球菌によるとびひは全身どこにでもできますが、顔や鼻周辺、からだ、手足、おしりの順に多くみられます。
比較的大きな水ほうがつぎつぎにでき、この水ほうの膜は薄く、中の膿状の液体が下方にたまって半月のようにも見えます。
破れやすくびらん、痂皮(かさぶた)をつくります。
高温、多湿の7〜9月に多くみられます(写真1〜9)

健康な皮膚にはブドウ球菌はつきにくいのですが、あせも、湿疹、虫さされ、すり傷、アトピー性皮膚炎、単純ヘルペスなどの皮膚病があると、ブドウ球菌はつきやすく、とびひを起こしやすくなります。

最近は、溶連菌性ともブドウ球菌性ともどちらともつかないような例が増えてきました。
両者の混合型とも言えるものです(写真10〜17)

 

耐性ブドウ球によるとびひ

耐性ブドウ球菌(MRSA)は院内感染を起こし、抵抗力の弱った高齢者、重病人、新生児、術後患者などで問題となる菌です。
しかし、しばらく前から健康な幼児や学童にもMRSA感染が起こることが小児科医から報告されてきました。

写真の例は、まったく健康に過ごしている小学校3年生の女児のMRSA感染例です。
冬の2月にとびひで来院されました。
とびひは当初から手足を中心に、膿性の湿疹があちこちに散布していました。
抗生剤を組み合わせながら治療を行いましたが改善しないため、市民病院小児科と皮膚科を受診され、MRSAが検出されました。
薬剤耐性のため、3〜4ヶ月たった時点でも改善はみられるものの、完治はしていません(写真18〜20)

 

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)

SSSSは典型例では、顔、首、わきの下、股にびまん性の紅斑を生じ、口周囲のびらん、痂皮(かさぶた)、亀裂、目やに、眼瞼の充血などを示します。
ニコルスキー現象といって、健康な皮膚を摩擦すると表皮はくり、水ほうを形成します。

写真は典型的なSSSSではありませんが、膝だけの創部をみるとSSSSを疑わせるような症例でした。しかし全身の症状は認められませんでした(写真21)

とびひ(連鎖球菌性)へ→

  目次にもどる  

写真で見る「子どもの病気」

もっと見る(目次へ)≫

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。