兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる子どもの病気・症状 > 手足口病 

よく見られる子どもの病気・症状

手足口病

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

手足口病-写真1
(写真1)

手足口病-写真2
(写真2)

手足口病-写真3
(写真3)

手足口病-写真4
(写真4)

手足口病-写真5
(写真5)

夏に近くなると幼児、学童の間で流行をみますが、大人にも感染することがあります。
ふつうは発熱は微熱程度ですが、流行の年によっては38度近くの熱が出てから2,3日後に手足に発疹や口内炎を生じてきます。
手足の水ほうは小さくだえん形で、まわりは赤く水ほうは白っぽく見えます(写真1、2)
4,5日するとしみのようになり、治っていきます。
 

口の中には小さな口内炎があちこちにできますが、舌にできたものは大きくなりやすく痛みも強く、食事が摂れなくなります(写真3,4,5)
手足口病では膝やおしりにも発疹がたくさんできることがあります。
手足口病は登校を禁止することはありませんが、発熱や口内炎が強く食事が摂りにくいときには休んだほうがよいでしょう。

 

写真で見る「子どもの病気」:手足口病のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。