兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる子どもの病気・症状 > 単純ヘルペス感染症 

よく見られる子どもの病気・症状

単純ヘルペス感染症

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大します

単純ヘルペス感染症-写真1
(写真1)

単純ヘルペス感染症-写真2
(写真2)

ヘルペス性歯肉口内炎は単純ヘルペスの初感染で起こる乳幼児期の病気です(ヘルペス性歯肉口内炎の写真2〜5をご覧ください)

またこの時期には指のおしゃぶりから起こる指先の単純ヘルペス感染症も起こります(写真1)
くちびるのまわりにできるねつのはなと呼ばれる水ほうも単純ヘルペスが原因です
(写真2)

アトピー性皮膚炎があると皮膚の抵抗力が弱りやすいために集団で単純ヘルペスによる水ほうができることがあります。
これはカポシー水痘様発疹症とも呼ばれます(おとなの単純ヘルペス感染症をご覧下さい)。

一度単純ヘルペスがからだに入ってくると一生持ち続けることになり、ふだんはおとなしくしていても発熱、日光、ストレス、疲労などで水ほうが出てきます。

写真で見る「子どもの病気」:単純ヘルペス感染症 のページもご覧下さい。

  目次にもどる  

よく見られる子どもの病気・症状

よく見られる子どもの病気・症状

1.感染症

2.皮膚の病気

3.呼吸器の病気

4.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

よく見られる大人の病気・症状

《 写真の利用について 》
当サイトに掲載している写真をテレビや雑誌、WEBサイト等でご利用になりたい方へ。

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。