兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる大人の病気・症状 > 中高年女性に多い眼瞼けいれん 

よく見られる大人の病気・症状

中高年女性に多い 眼瞼けいれん

スポンサーリンク

目のまわりに筋肉の異常でまばたきがしにくくなる「眼瞼けいれん」は中高年の女性に多く、全国の患者は約30万人と推定されています。うつ状態に陥り、社会生活に支障を来す場合もあります。「目をつぶっていた方が楽」と感じる状況が長く続いたら注意が必要です。

眼瞼けいれんの症状

目のまわりにはまぶたを開ける筋肉と閉じる筋肉があり、両者が交互に働き無意識のうちにまばたきをしています。この働きをつかさどる神経に問題を生じると筋肉の連携がうまくいかなくなり、まばたきがぎこちなくなるのが眼瞼けいれんです。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の症状

まぶたがピクピクする病気と思われがちですが、それは片側顔面けいれんという別の病気です。眼瞼けいれんではそのような症状はあまり起こりません。多いのは「目を開けているのがつらい」、「まぶしい」、「しょぼしょぼする」、「目が乾く」、などの症状で、外見上は「伏し目がち」、「眉間に縦じわがある」といった特徴があります。

進行すると目を開けていられなくなり、歩行中や自動車の運転中に危険が及ぶことがあるので注意が必要です。おかしいなと感じたら早めに眼科を受診して、適切な治療でしっかりと症状をコントロールすることが大切です。

眼瞼けいれんの原因

原因はさまざまです。中高年に多い「本態性眼瞼けいれん」は、遺伝的な原因にドライアイなどの悪化因子が加わることで発生すると考えられています。一方、抗うつ薬などの長期服用で起こる「薬剤性眼瞼けいれん」は若年の患者もいます。パーキンソン病などが原因で起こる「症候性眼瞼けいれん」もあります。

眼瞼けいれんの治療

いずれも症状をコントロールしながらうまく付き合うことが必要で、「ボトックス治療」が効果的です。ボトックスを目の周囲に注射し、局所的に神経を麻痺させる治療で、一般的に効果が持続するのは3-4ヶ月程度です。中には徐々に症状が治まり治療の頻度を減らせる人や全く必要としなくなる人もいます。ボトックス治療を行っている病院や診療所は限られているため事前に問い合わせが必要です。

  目次にもどる  

関連コンテンツ

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。