兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

よく見られる大人の病気・症状 > 緑内障 

よく見られる大人の病気・症状

緑内障

スポンサーリンク

視神経がダメージを受け視野に異常、失明の恐れ

緑内障は眼の奥の視神経がダメージを受け、視野に異常が起こる病気です。国内の患者は約300万人と推定され、失明原因の多くを占めています。

急性と慢性があり、慢性の場合は自分でも気づかないまま、病気が進行することがあります。定期的な健診を受けて、早くに見つけることが大切です。

緑内障と眼圧

緑内障は「眼圧」が上昇するために起こると考えられていました。完全に治すことはできませんが、薬などで眼圧を下げ、進行を遅らせることが可能です。眼圧は、目の角膜の内側を流れる透明な「房水」の水量で左右されます。その流れが悪くなって眼圧が高まり、視神経がダメージを受ける・・・確かにそういう緑内障は存在します。しかし、眼圧が正常なのに起こる緑内障もあり、むしろその方が多いと現在は考えられています。一方、眼圧が高いのに視野や視神経に全く異常のない人もいます。眼圧だけでは判断できず、視神経と視野の特徴的な変化を調べることが大切です。

緑内障

急性の緑内障は、房水の流路がふさがることで眼圧が上昇し、眼の奥の激しい痛みや視力の低下、頭痛、おう吐など、クモ膜下出血のような症状を伴います。これに対し、慢性の緑内障は非常にゆっくり進行します。視神経がダメージを受けることで、視野の中に見えない部分が少しずつ増えてきます。もっとも両眼で同じように進行することはまれです。そのため片方の目の異常を、別の目や脳の働きが覆い隠してしまい、病気がかなり進むまで自覚症状はほとんどありません。

慢性の緑内障の自覚症状

  • 見ようとする物の上や下、鼻側で「何となく見づらい」「かすむ」
  • 距離感がおかしく、つまずいたり階段を踏み外したりする
  • 文字を読み飛ばすことが多くなった
  • 手紙を書くと文字が斜めにずれてくる
  • 人にぶつかりやすくなった
  • 人や自転車が横から急に出てくるように感じる

(庄司教授による)

急性の場合、短時間で失明する恐れがあります。レーザーを当てたり、水晶体を取ったりして房水の流路を確保するなど緊急の対応が必要とされます。

慢性の場合、薬や手術で眼圧を下げます。眼圧が正常な緑内障に対しても同じ治療が有効であることが確かめられています。薬には房水の流れをよくする「プロスタグランジン関連薬」と、房水の量を減らす「ベータ遮断薬」「炭酸脱水酵素阻害薬」があります。これらを配合した点眼薬もあります。

手術には、房水の出口を切開する方法と新たな房水の出口を作る方法があります。房水の出口をレーザーで刺激し流出路を増やす方法もありますが、効果があるかどうかは半々で、効果があっても年を追って失われます。

血縁者に緑内障の人がいる、糖尿病や強度近視、ステロイド剤を内服・外用している、目のけがをしたことがあるといった人は、緑内障になりやすいと言われます。40歳以上の緑内障の割合は20人に1人というデータもあります。緑内障は決して珍しい病気ではないため、自覚症状が出る前に眼科で検査を受ける必要があります。

  目次にもどる  

関連コンテンツ

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。