兵庫県姫路市、みやけ内科・循環器科。町医者の「家庭の医学」
家庭の医学、内科からみた肩こり、心臓・血管の話、子どもの病気など話題いっぱいのホームページです。

トップページよく見られる大人の病気・症状 > じんましん 

よく見られる大人の病気・症状

じんましん

画像をクリックすると拡大します

じんましん=血管の洪水
(イラスト1)

じんましん-写真1
(写真1)

じんましん-写真2
(写真2)

からだのすみずみにまで存在する細い血管では、ふつうでも常にいろいろな物質や水分のやりとりが血管の内外で行われています。じんましんは皮膚の浅いところの血管で、水分が血管の中から 外に洪水のように一方的に流れ出て、部分的に水たまり−限局性浮腫−を生じたものです(イラスト1)。このように血管からの水分の流出を起こすのは、いろいろな刺激に反応してヒスタミンという物質が放出される結果、血管の壁の変化が起こり血管の透過性の亢進が起こるための考えられています。

おとなのじんましんの多くは原因がよく分からずに起こります。食べ物が原因で起こるじんましんは大人では少なく、体調が悪いときや体質が何らかの原因で変わったときに起こりやすく、また自律神経失調症として起こることもあります。

本院でよくみられるじんましん様の発疹を紹介しましょう。典型的なじんましんでは、蚊に刺されたときのような盛り上がった発疹(膨疹)がまたたく間に大きく広がっていきます(写真1,2)。かゆみが強く、かいた痕は赤い盛り上がったすじを作ります。

じんましんは数時間もたつと自然に消失していきますが、一日のほぼ同じ時間になると再び出現してきます。朝から出るじんましんもありますが、多くは夕方から出ることが多く、入浴でからだが暖まった後や、飲酒後に出やすくなります。したがってじんましんの出るときには長湯はさけてさっと入る程度にし、飲酒はさけて食事はあっさりとしたものにした方が無難です。

じんましんの出やすい時にとくにカニ、エビ、カイ類を食べると急にかゆくなるときがあるので注意しましょう。このタイプのじんましんは抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬がよく効き、比較的治りやすいじんましんと言えます。

ふつうのじんましんは地図状の大きな膨疹を作りますが、中には2,3cmくらいまでの小さな膨疹がからだや腕にたくさんできることがあります(写真3)。蚊に刺されたくらいの膨疹がたくさん出ますが、中には周囲だけが赤くなり中心部は比較的白く見えることもあります。

このタイプのじんましんはかゆみが強いだけでなく、長期間持続しやすい特徴があり、何ヶ月もじんましんに悩まされることがあります(慢性じんましん)。原因はよく分かりませんが私見としては、疲れやストレスなど自律神経が関与しているのではないかと考えています。このじんましんは抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬などの内服薬の効果が乏しく、治療にたいへん苦慮します。

かゆみが強く、治りにくい場合には少量のステロイドの内服を併用すると軽快していきます。ステロイドは早期に徐々に減量していきますが、中止すると再び悪化しやすくなります。このような治りにくいじんましんも数ヶ月もすると自然に出なくなるようです。

 

じんましんと思われる発疹の中には、じんましん様紅斑と思われるものがあります。紅斑とは皮膚の血管が拡張して赤い皮膚の色の変化を生じたものです。

この場合も軽く盛り上がってきたり、軽度のかゆみを伴うことがありますが、じんましんほどかゆくはないようです。周囲だけ赤くなり、中心部は比較的白く見えるもの(写真4,5)や、くっきりと赤く盛り上がって膨疹をつくるものもあります(写真6)。また両者の中間と思えるようなものもあります(写真7)

じんましんが、血管の透過性亢進−限局性浮腫−強いかゆみと膨疹が原因であるのに対し、このような皮膚の変化は、血管の拡張−紅斑−軽いかゆみと軽度の膨疹 といった反応で起こるのではないかと考えています(私見)。いずれにしてもこれらの紅斑をじんましんとはっきりと区別することは困難と思われます。

 

■じんましん(子ども)のページはこちらです。

  目次にもどる  

よく見られる大人の病気・症状

よく見られる大人の病気・症状

1.よく見られる症状

もっと見る(目次へ)≫

2.皮膚の病気

3.よく見られる病気

もっと見る(目次へ)≫

[特集] 内科から見た肩こり

よく見られる子どもの病気・症状

みやけ内科・循環器科on Google+

Copyright(c) Miyake-naika All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。